趣味‐菁 | DANAEのパリ色の花ブログ

DANAEのパリ色の花ブログ

パリ4年半の花の実績を生かした花のアトリエの主に商品たちをクローズアップしてます。パリ色のお花たちをご覧ください。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
img58369828.jpg



PROFILE
パリ滞在歴4年半をもつ
フラワーコーディネーター
インテリアコーディネーター 


プロフ.jpg
ウエディングブーケ・装花打合わせお申込み



★in DANAEのショップ(東京都渋谷区)

 ☆以下のフォームにご記入の上送信してください。こちらからご返信さしあげます。なお電話での受付もいたしております TEL 03-6423-1975
Powered by NINJA TOOLS


毎日の花言葉
秋バラの季節到来!

ブログ用バラ.jpg
特に香り高いバラを使用したアレンジや花束がいまオススメです。
<
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH

■information


ダナエ フラワーズ&インテリア公式サイトへ



東京都渋谷区渋谷2−3−19ローゼ青山ビルB1
TEL:03−6423−1975


お店.jpg



祝い花ご注文受付中。 配達・配送承っております。



DANAE Flowers&Interiorでは常時撮影用の花の依頼を受け付けています。
出版社様、ウエディング企画会社様、広告、DVD発行を企画、
フランスの花、フランスのウエディング企画内での花などのご依頼に関しては是非ご一報下さい。
納品のみから、ヒアリング〜提案〜企画〜セッティングまで幅広く対応させていただきます。
詳細はメールでご連絡ください。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
久々の乗馬♪


久々に乗馬してきました


いいお天気これは乗らないと損でしょう

乗る前に時間があったので・・厩舎をまわって・・・


ご挨拶し・・・

食べさせたり・・・・

久しぶりだったので緊張注意も一通り受けてしまった。
脚、手綱、姿勢・・ぐすん
芦毛のウイングスは前の馬に驚いて跳ね・・私は鞍につかまりセーフ。
ちょこっとロデオになった程度ですがドキドキ。

自然の中で、風を感じながら馬と一緒に駆けるのは最高です
ストレス・・・あったとしても馬と触れ合うとスーッとなくなる。
都会の喧騒を抜け出して全く別の世界に身をおくことがこんなにも大事なんて。
仕事以外に夢中になれることを持っている幸せです

スポーツにはいい季節になりました


↑1日1回、ブログランキングへの応援クリックを御願いします〜楽しい

| Mariko Yamada             | 趣味‐菁 | comments(1) | trackbacks(0) |
秋の乗馬
週末は乗馬しました。

昨日のお馬さんは「ハート」。とても乗りやすくてお気に入りですラブ

部班で3人で一番最後についたので先頭に立つときとは違う気分。
ついていく形でお気楽コース。
「ハート」は楽しようと割とインコースに入りがちなので内方の脚を腹に押し付け外に出すようにする。
駆け足では手綱をもっていかれないようにしっかり握る。
巻き乗りでは綺麗な円を描けるようにするが円の終了間際サボられがちなので
すかさず軽くムチ!
何度か乗ってるのでコツがつかめてきた。。

天気がいいのでとぉ〜っても気持ちよかった楽しい
猛暑の最中よりは馬も全然気持ちよさそう。

9月初旬に撮ったものですがダリアをアップします。



本日はデザインの提出が今月末に迫ってる仕事に従事します。
なかなかいいアイデアが・・ない。

人気blogランキングへポチっとお願いま〜す♪
| Mariko Yamada             | 趣味‐菁 | comments(0) | trackbacks(0) |
馬事公苑ホースショー
世田谷の馬事公苑で毎年行われる JRA ホースショー馬事公苑馬術大会を観戦してまいりました馬馬

人馬一体の白熱した大会と、馬と触れ合う機会を沢山もうけているものでもあり、かわいいミニチュアホースハートやポニーなどに触ったり、体験乗馬できたりもしています。

体験のほうには子供に乗せようとご家族で並ぶ整理券配布の列がすごーく長くなっていましたけど。。。いやはや大変ですな。

障害飛び越えは、決められたコースに設置された障害物を跳び越しいかに減点数を少なく走行できるかを競う競技。

障害物を落としたり、馬が止まってしまった場合、コース間違いや落馬は減点となり一番点数の高い選手が勝つということになります。

馬も興奮しているのが観客席にも伝わってきます。
尻尾の根元を立ち上げてる。。

一番興奮したのが5月5日のニュースーパーカップという六段飛越競技。

直線に障害が6箇所並んでいて最後の障害が特に高くて170センチやそれ以上になるもの。高くなるにつれ、拒止(馬が障害物の前で止まってしまう)する率が高くなりました。うまく飛ぶまでにいっても馬のあしがきれいに折りたたまれていないとバーに触れてしまい落としてしまう可能性が多いのです。


170センチ以上もの障害というのは本当に「壁」ですので、それをいかに馬に「壁」に見せないか。。。それは障害に向かいきもち斜めに入っていくのです。障害と障害の間を何歩の歩数でいくかなどももちろん計算に入れます。

いや〜見ていて白熱しました。
| Mariko Yamada             | 趣味‐菁 | comments(0) | - |
乗馬で落馬
今日は乗馬に行き落馬しました悲しい

初めての馬馬で相性が悪かったのかもしれません。

馬場の中を一周廻るごとに一回くらい突然ロデオ状態に暴れてその都度、ドウドウという感じでついていってたのですが3週目くらいの3回目に突発的にまた今度は柵の近くに止まっていた大型トラック(迷惑でした!)の発車に驚いたのかここ一番の飛びをされ・・・気がついたらたたきつけられてしまいましたショック
ヘルメットをつけていたのですが頭がちょっと痛かった。
今まで落馬したのは落ちるのが意識できましたが今回はそれがなく、飛んだ一番高いところから落とされた感じで打撃が大きい。

常日頃から手綱を持つ手がゆるいのですがこんな時は致命的です。
落とされる瞬間・・・空・自分の顔・土 と3場面が目に飛び込んできました。自分の顔というのはどこから見たのか?で幽体離脱かいなという感じです。
私を捨てて馬馬はモーレツに走りこみ馬場の入り口/出口にたどり着いて止まりました(乗られたくなかったのかな 馬)。

その狂った走りを乗りこなすのもきつかったとも思いますが。。

気を取り直して違う馬に馬具をつけ乗り始めるも今度は私が緊張してしまいうまく指示が出せず、馬もきままに走りだしたし、頭もぼーっとしてきたので下馬しました。動物が相手なのでこういうことがありますがまた頑張って乗っていこうとは思います。

でも少し時間が必要かも・・・たらーっ
| Mariko Yamada             | 趣味‐菁 | comments(2) | - |
パリの乗馬用品店
パリの乗馬用品店を3件ご紹介します見る

もともとはフランスで乗馬を始めたワタシ。

そのときは言葉も分からず見よう見真似で他の人について行き、気がつくと障害を飛ぶ馬の背中にいました・・・。

フランスでは道具を手軽に購入できましたが、日本に帰ってきてびっくり。
こんなに高いん!だってね。

で、パリに数件乗馬用品店があります。
日本より安く、おしゃれなものもありますから是非ご参考に行ってみて下さい。
今だと1ユーロ=140円くらいですかね・・・各店の値段をご参考にしてみてください。

■DECARTHLON http://www.decathlon.fr/FR/Product_arborescence/Nature_sports/Horse-riding/index.html
スクール用のスポーツ用品店というイメージのここ。DECATHLON自社製品の女性用乗馬ズボン 25ユーロから(セール品で15ユーロなんてのもありました)、男性用 19.90ユーロから、子供用15ユーロからあります。ヘルメットが14.90ユーロからあり、なにはともあれはじめは安く道具をそろえたいビギナーさんから、ムチ(10ユーロ前後から)・手袋(3ユーロから)、その他馬関連の品(ゼッケン、プロテクター、餌、鞍など)安いです!逆に品物としてトップのものをお探し向きではありません。尻革付のズボンはありませんでした。でも競技用の白いズボンは驚くほど安く見つけられますのでお勧めです。

場所:*パリ市内にぱらりと数件ありますが一番アクセスしやすいのがマドレーヌでしょうか↓
23 Boulevard de la Madeleine.
Centre commercial Les Trois Quartiers
75001 PARIS
Tél : 01 55 35 97 55
Fax : 01 55 35 97 52

営業時間:月〜金 10H〜20H 土9:30〜20H
地下鉄 Madelaine から出口 rue Duphotをでると構内から店に直接通じる。



■Padd  http://www.padd.fr
 Eurostar や Equitemeといったメーカーのズボンが大体80ユーロ前後からあり、尻革がついてくると140ユーロくらいはいくと思います(お買い物額が175ユーロ以上だと免税できます)。上に着るブルゾンはちょっとおしゃれなカラーのものあります。革のブーツはサイズがあえば日本で買うよりお得です。日本で乗馬している人は是非行ってみてください。

場所:rue de la cavalerie 75015PARIS
Tél : 01 43 06 56 50
Fax : 01 45 67 71 83
営業時間:月 10−18H 火〜金 10−19H
地下鉄 La Motte Picquet Grenelle より5分



■Guibert
見るからに高級そうなブティックといういでたちの乗馬用品店。店内ぐるりと見渡すだけでもヨーロッパの貴族が愛用するんだろうズボン、ジャケット、セーター(カシミヤ100%で200ユーロとか・・・)、目の肥やしになります。地下に革のブーツを置いてますが革に模様が入っていたりとなかなか見れない代物も。。ブーツは全部オーダーとのことで少なくとも1ヶ月半はみないととのこと。間違えのないものを作るので後から送りますと言われましたが送料や関税を考えると大変高いものになってしまうので旅行者には難しいかも。

場所:22 avenue Victor Hugo 75116 PARIS
TEL:01 53 64 74 75
地下鉄 Victor Hugo からavenue Victor Hugoを凱旋門方面にのぼる

| Mariko Yamada             | 趣味‐菁 | comments(3) | trackbacks(0) |
久々の乗馬
日曜に久しぶりに乗馬しました。
パリで乗馬用品を購入。
日本では高すぎる尻革のパンツをパリで調子に乗って4本購入。
日本より安いー。
把握してるだけでパリ市内にある3件をまわりそれぞれランクが違うので色々なレベルで見れました。

安いからと1m20cmくらいある鞭(ムチ)を購入。
気がつけばスーツケースに入らず手荷物で手持ちで搭乗手続き・・
「大丈夫かな・・・」
今は靴まで脱がせる厳しい検査。
以前は眉毛を整えるはさみを取り上げられたし・・。
とANA の係りの方に聞いたら「さしたり、切ったりしないものだし大丈夫ですよ。。」とのこと。

しかし。いざ搭乗前の検査になると、ムチは当然のように目をつけられ。

フランス女性係員:「Qu' est-ce que c'est?これは何ですか?」

- (私)「ムチです。」

フランス人:「・・・・・・」

−(私)「馬の」

フランス人:「あ〜ら、馬のね。。(と係りのフランス人男性をたたくマネをして興奮しだす女性)・・・・んっもう、叩きすぎないことよ!」

っと大変ご興奮なさっていた様子グッド

笑えます。


*因みに免税手続きは時々「買ったものを見せてください」と提示を求められるのを見ました。私はフランス語が話せるのがばれて世間話にまきこまれあげくに商品見せろといわれました(持ってましたんで大丈夫でしたが)。。。




| Mariko Yamada             | 趣味‐菁 | comments(0) | trackbacks(0) |
年納めの乗馬
乗馬はフランスで始めて帰国してからも続けて2年目になります。
今日は寒いけど今年最後に馬にのれて嬉しい!!

♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪ランラン

駆け足という反動のついた早い走りをやったりしました。あとはゆっくり歩く並足、走りながらたったり座ったりするけはや足というもの、円を描いたりと馬をうまく誘導する様もマスターします。

馬は人の気持ちが分かるなんて一部で言われますが「馬は超能力者ではありません」とインストラクターに言われて納得。こちらがきちんと指示をださないと思うように動いてくれません。

しかし今日の馬は非常に反動が強くついていった結果、お尻が痛いです。
馬のお手入れも大事で足を洗ってあげて、足の裏もつまった土などをかきだしたりします。うーん最後にいい運動しました♪

| Mariko Yamada             | 趣味‐菁 | comments(0) | trackbacks(0) |